「おくすりカウンター」は薬の通販オンラインです。

おくすりかうんたートップ

海外「薬の通販オンライン」として皆様のお手伝いします。

「おくすりカウンター」は「薬の通販オンライン」サイトとして運営しております。

おくすりカウンタートップ画像

未来の薬局「おくすりカウンター」は「薬の通販オンライン」です。

保険調剤薬局とは異なり、薬を通販オンラインで、
海外承認済みの安全なお薬が処方箋不要にて安価で通販調達が可能になっています。

「薬の通販オンライン」人気の秘密

政府機関(海外)の承認を受けているお薬
日本語で調達が可能
スマートフォン、パソコンからの調達が可能

「薬の通販オンライン では、処方箋が不要なご購入が可能です。

ただし、一定のご購入ルールがあります。
1ヵ月以内分のご注文。
個人使用が目的である等の制限があります。

厚生労働省も海外からの個人輸入は禁止しておりません。

「薬の通販オンライン で安心して海外の承認医薬調達にご利用ください。
ご利用方法は以下の「窓口」よりお入りください。

三越屋│先端医薬品の通販・個人輸入代行
お求めの医薬品が手に入らずお困りではないでしょうか?各種ジェネリック・ED治療薬・ダイエット薬・避妊ピル・AGA薬などコスト管理を徹底しているため、お求めやすい料金で個人輸入代行をいたします。また、三越屋は厳しい判定基準を通過した海外メーカー・サプライヤーと取引をしています。処方箋不要・100%正規品保証・送料無料

上記 「薬の通販オンライン の窓口の1つです。
   海外の未承認医薬品として処方箋が不要で様々なお薬通販が可能です。

「薬の通販オンライン では以下のような取り扱いがあります。

AGA(薄毛治療薬) ED治療薬
お肌用アレルギー
感染症抗てんかん
糖尿病女性ホルモン

「薬の通販オンライン の良いところは、送料全国無料です。

「薬の通販オンライン からの商品の発送は、国際郵便書留ですので、郵便局のホームページからの肺臓状況の追跡が可能です。

ルールを守ってご購入頂ければ、海外配送に際し通関でも問題はございません。


  1. 「薬の通販オンライン」振込先が「個人名義」では危険
  2. 「薬の通販オンライン」では外国人とのコミュニケーションは不要
  3. 薬通販オンライン関連サイトならば30度以下で商品管理
  4. 「お薬通販オンライン」では配送状況がいつでも確認可能
  5. 誰でも分かる医薬品の個人輸入 !「薬の通販オンライン」なら安心
    1. 個人輸入で気を付ける点! 「薬の通販オンライン」だけならば問題なし
    2. 海外医薬品の問題点 !「薬の通販オンライン」 ならば安心
    3. 同成分、同効果だが偽物?ブランド侵害? 「薬の通販オンライン」 にはそのような商品はありません。
    4. 偽物?を避ける方法! 「薬の通販オンライン」 ならば不要な心配
  6. 海外医薬品-薬の通販オンライン関連サイトでのご購入の流れ
    1. STEP1(お客様) 薬の通販オンラインサイトで医薬品を検索
    2. STEP2(お客様)   通販サイトでお買い物
    3. STEP3(薬の通販オンライン) ご希望商品の代行
    4. STEP4(お客様)   商品のお受け取りor 郵便局指定
  7. お薬の通販オンラインからなら「関税」「消費税」は免税!
    1. 関税、消費税の免税のルール
    2. 課税対象額の計算の仕方
    3. 関税をかけないと日本の産業に影響
    4. どのように海外通販と付き合うか?
  8. ジェネリック薬品を選ぶ安全な基準
    1. 「薬の通販オンライン」では FDA機関のお墨付きがあるメーカ製
    2. 個人レベルでもFAD対応が必要
  9. 医薬品の正しい飲み方
    1. お水かぬるま湯で服用する理由
      1. 水以外の飲み物での服用
      2. 牛乳
      3. お茶
      4. カフェイン
      5. 炭酸飲料
      6. 柑橘系ジュースでの服用
      7. アルコール
    2. 噛んでの服用は利点はありません
    3. お薬服用の3つのタイミング

「薬の通販オンライン」振込先が「個人名義」では危険



より良い医薬品個人輸入の選択の「決め手」

ご紹介致します、 「お薬通販オンライン」では、処方箋無しで海外医薬品が安価で便利です。

ですが、 「お薬通販オンライン」では医薬品が本当に海外から届くかどうか不安ではないでしょうか?
お薬を通販オンラインでご購入するには、以下の「決め手」を押さえた 「お薬通販オンライン」 サイトをお選びください。

個人輸入代行の4つの決め手
4つの「決め手」
決済方法では銀行の個人名義は危険

お薬通販オンライン サイトでのご購入時の支払い先口座が会社名義ならば安全です。
会社名義ならば銀行の厳しい審査をクリアしているので「安心、安全」です。

支払先が「会社名義」:合格
 又は「決済会社名義」でもOK
⇒支払い先が「会社」「決済会社」でもコンプライアンスに配慮した厳しい審査がされていますので問題はございません。

支払い先が「個人名義」:要注意
⇒近年は詐欺等で使われる銀行口座の売買は少なくはなりましたが可能性はあります。 また、個人ですと急に連絡がとれなくなる可能性も否定できません。
しっかりと、運営実績がある、薬の通販オンライン サイトからご購入をお勧めします。

「薬の通販オンライン」では外国人とのコミュニケーションは不要

外国人とのコミュニケーションが困難

日本語サイト?窓口は外国人!
海外サイトでのご注文になりますが、ご注文からお届けまで日本語で完了致します。
余計なストレスなくお薬の通販サイトは携帯からでもご注文ができます。

支払い完了したが、商品の配送状況の確認方法が分からない。
システム上でどのように確認したら良いか分からない。
メールで問い合わせしてが返答がない、あっても日本語が意味不明。
電話番号はあるが何度コールしても不通、誰もでない。
そんなの「当たり前だろ!」という日本の常識が通用しない。

こんなご経験、ご心配は無いでしょうか?
一度、信頼のおけるサイトのご購入のフローを確認してみてください

ご購入の流れはこちらから

薬通販オンライン関連サイトならば30度以下で商品管理

お薬は30度以下での管理

お薬は通常、常温管理として30度以下での保管が必要。

海外から送られてくる医薬商品ですので保管場所にも目を向ける必要があります。
例えば、ジェネリック先進国インドの平均気温/日は35度です。
別途、日本に近い国で冷蔵倉庫がある薬通販オンライン サイト購入が品質がGood!

海外から送られてくる医薬品の品質は本当に大丈夫なのか心配になりますね。
海外からの購入の唯一のデメリットは到着までにお時間が必要という事です。

ですが、まれに3,4日?で届いてしまう場合もあります。
これは意外と盲点で「早くて良い」ではなく、在庫があるから3日で到着してしまうので。
この在庫は温度管理がされていな倉庫で何カ月も在庫として保管されていたのでしょうか?
使用期限は切れてないでしょうか?

ですので、安心、安全なのは「冷蔵倉庫」がある 薬通販オンライン サイトからのご購入です。

「お薬通販オンライン」では配送状況がいつでも確認可能

書留郵便で郵便局HPより後追い可能



全国配送無料&郵便局の書留郵便での配送が必須。

 後追いが出来ないと「いまどこ?紛失?」の心配は不要。
書留郵便(日本郵便局ホームページ)で配送状況が一目瞭然。
「薬の通販オンライン関連サイトでは安心して海外から商品が発送できます。

通関で何らかの理由で検閲に引っかかった場合は面倒ですね。
送り先へ連絡がつかない場合は、送り返されるか処分されてしまいます。

海外から商品を購入する場合は「後追い機能」は必須ですね。

安いからといって船便などを利用して送ってくる業者には注意が必要ですね。
そもそも、発送をしてないかもしれません。
「お薬通販オンライン」関連サイトでは、そんな心配はありません。

後追い追跡ができる配送の「薬の通販オンライン関連サイトから購入しましょう。

誰でも分かる医薬品の個人輸入 !「薬の通販オンライン」なら安心

個人輸入代行を選択すれば気兼ねなく安価に安全に医薬品の個人輸入が出来ます。

ですが、どんな法律、規則があるのかは信頼できる購入先を見つけるカギになると思います。
どんなリスクがあるのか知っておけば安心して海外通販を楽しめますね。

薬の通販オンライン関連サイトからならば、違法な商品の取扱いはないので安心です。
ですが、「薬の通販オンライン以外もご利用中ならば注意は必要です。

個人輸入で気を付ける点! 「薬の通販オンライン」だけならば問題なし

個人輸入の注意点!!

個人輸入代行を利用して医薬品を輸入する条件は以下です。
ルールを守れって、「薬の通販オンラインを利用すれば面倒な事は一切ないはずです。

★気を付ける点は多くはありません。

個人使用が目的

1ヵ月以内の分量

譲渡、転売をしない。

禁止薬物でないこと

*薬の通販オンライン 関連サイトならば違法な取り扱いはありません。

つまり、お金儲けのために医薬品の輸入は駄目なんですね?

はい、
営業を目的で医薬品を大量に輸入する等は法律違反となってしまいます。
詳しくは以下のサイトを見てください。

医薬品等の個人輸入について|厚生労働省
医薬品等の個人輸入についてについて紹介しています。

海外医薬品の問題点 !「薬の通販オンライン」 ならば安心

海外の医薬品では以下のような問題提起されることがあります。
●日本の法律に基づく品質、有効性、安全性の確認がされていない。
●不衛生な場所での製造の恐れ
●正規品メーカーを装った偽物の可能性
●副作用や不具合が起きた時の対処が不明
*日本で医薬品を販売するためには臨床試験(人での服用試験)を経て販売に至ります。

海外ジェネリック薬品も海外の政府機関の基準を満たしています。
「薬の通販オンライン関連サイトでは基準を満たない商品はありません。

ですが、
海外基準の臨床試験をクリアして販売されている。
  海外ジェネリック薬品にも日本国内同様に厳しい臨床試験があります。

ジェネリック先進国として急速成長中(信頼と実績)
  発展途上国と言わているインドも近年はジェネリック薬品の先進国として急速な成長を遂げています。信頼と実績の現れですね。

FDAを取得して海外へ輸出
 インド製薬会社の中にはアメリカFDA(日本でいう厚生省の医薬品許可)を取得。
 その他にも各国基準がありますが、あくまでも安心、安全の目安としてのFDA承認。これらの国の製薬会社が信用と実績に基づく成長を遂げている証拠。

「薬の通販オンライン関連サイトでは、信頼、実績がある商品のみの取扱いです。

「薬の通販オンライン関連サイトが取りあつかう、
ジェネリック薬品は、これまで実績がある医薬品と同成分の医薬品です。

違いはパッケージ位ではないでしょうか。
中には先発薬を改良しているので、より良い物が多くあります。
「薬の通販オンライン関連サイトでは、このようなより良い商品の取り扱いを心がけています。

厳密にいうと作り方等の違いもありますが、重要な主要な成分は同じモノで同じ用量であります。
つまり、成分が同じで、成分量も同じならば副作用なども既知の範囲内のモノになりますね。

日本の消費者が心配する点としては、本当に同じ成分が入っているのか。
品質や衛生面は大丈夫なのか?というところに考えが至るのかもしれませんね。

「薬の通販オンライン関連サイトでは厳選した商品を提供しています。

上記でお話したようにインド製は最高級の日本品質レベルにも劣りません。
海外メーカも他国へ輸出するために国外の厳しい審査を経てます。
さもなければ、取引が許されませんし日本でみも「危険」として個人輸入を制限しているはずです。

ですが、現状はそのような事はございません。
「薬の通販オンライン関連サイトも平常運営が出来ております。

同成分、同効果だが偽物?ブランド侵害? 「薬の通販オンライン」 にはそのような商品はありません。

以下は過去の例です。特に薬害があったわけではありません。

ゴールドバイアグラ

こちらがED治療薬の「ゴールドバイアグラ」商品です。 「バイアグラ」という名称を使ってたので確かにブランド詐称の偽物です。
ですが、シルデナフィル(薬効成分)も、しっかりと入っており医薬効果としてはバイアグラと同じものでした。
ですが、問題だったのが薬効成分が「220mg」も含まれておりました。
*バイアグラの最大100mg(日本製は最大50mg)

バイアグラ

こちらが正規のバイアグラ
成分の最大100mg(日本製は最大50mg)

薬効成分が多すぎる、効き過ぎる!
つまり、副作用が強くでるのが予想できますね。

「薬の通販オンライン」関連サイトでは、このような怪しい商品の取扱いは残念?ながらありません。

偽物=ブランド名称を勝手に利用、という事でしょう。
ですが、使われている成分は全く同じものだったんです。

ただ、成分が多すぎるというのが一番の問題でした。
この金色の着色料も、どのようなモノが使われているのか不安ですね。

この偽物は薬効成分が同じでしたが、ブランド名が偽物だったんですね。
ブランド名=信頼、品質の保証ですから、やはり信頼できる大手メーカから医薬品を入手したいですね。

偽物といっても成分が同じならば効果は基本同じですが、
やはり信頼できる大手メーカーの商品が良いですね。
メーカ商品一覧や薬効成分の確認は医薬知識がない一般の消費者には難しいですね。

「薬の通販オンライン」関連サイトで安心して試してみてください。

偽物?を避ける方法! 「薬の通販オンライン」 ならば不要な心配

ここからも分かるように海外ジェネリック薬品の選択方法としては、

製造メーカ名の確認

メーカーの製品一覧確認

信頼のない医薬品メーカー発売の医薬品には注意が必要です。
大手で歴史のある医薬品メーカーの選択をおすすめします。

副作用は日本の正規の医薬品でも発生する可能性はあります。
使用上の注意をしっかりと守って海外ジェネリック薬品をご利用ください。
「薬の通販オンライン関連サイトでは実績のあるメーカー製のみの取扱いですね。

もちろん、当サイトでご紹介するサイトでは偽製品、非メーカー製の商品はありません。
「薬の通販オンライン関連サイトの、取扱いは海外製ですが歴史のある信頼のある医薬品メーカ品のみです。
ですので、ご安心ください。

ブランド保証サイトはこちら

TOPに戻る

海外医薬品-薬の通販オンライン関連サイトでのご購入の流れ

薬の 通販オンライン関連サイト(海外医薬品)で
「処方箋無し、消費税無しで、関税無し」で購入する流れのご説明致します

STEP1(お客様) 薬の通販オンラインサイトで医薬品を検索

まずは、薬の通販オンライン系サイトで医薬品をお探し下さい。

キーワード入力

キーワード入力で容易にご希望の商品にたどり着けます。
  *薬の通販オンライン系サイトでは、禁止輸入品、規制対象品の取扱いはありません。

薬の通販オンライン系サイトでは、全て日本語で検索が可能。
薬の通販オンライン系サイトでは、欲しい商品をカートに入れる。

STEP2(お客様)   通販サイトでお買い物

送料は無料ですので商品価格のみ確認してください。
     消費税の支払いも不要。
お支払いは、銀行振込等の指定があります。
     銀行名義が会社ならば安心支払い

クレジットカードは「顧客情報の重要性」を鑑みて取り扱い停止中。
  *毎月支払いの管理が苦手な方はクレジットカード利用は最低限がベスト!

会員登録は必要に応じて
    個人情報を登録をせずに購入が可能。
     *余計な個人情報を残さずにお買い物が出来ます。

STEP3(薬の通販オンライン) ご希望商品の代行

ご注文を頂いてから購入代行を致します。

冷蔵倉庫へ納品後、破損等がないか検品を実施してから配送手続きをします。

梱包をし、書留郵便又はEMS配送手続きを行う
書留郵便又はEMSの追跡番号と共にお客へご連絡

STEP4(お客様)   商品のお受け取りor 郵便局指定

ご自宅で受け取り

①16,666円以下ならば免税対象
② 使用量が1ヵ月を超えなければ通関もスムーズ。

 郵便局指定
    ご自宅でお受け取りをしたくない方は「郵便局」でお受け取りが可能
     * 商品購入時にご指定が必要。
     *送り先が企業様等ですと通関で止まる可能性があります。

  

TOPに戻る

お薬の通販オンラインからなら「関税」「消費税」は免税!

殆どの場合は海外から商品を購入致しますと
「関税」と「消費税」という税金のお支払いが必要です。
最近、日本では消費税が10%になり、この負担も大きなものとなったのではないでしょうか。

ですが、これらはこちらのサイトを経由しますと全て免税です

関税、消費税の免税のルール

関税、消費税については、日本では以下のようなルールがあります。

購入金額が 16,666円以下 ならば免税

「薬の通販オンライン関連サイトからご購入すれば免税になります。

購入商品の合計金額が16,666円以下ならば関税、消費税等が免税となります。

課税対象額の計算の仕方

正確に説明しますと、
「課税対象となる商品価格」の合計金額の60%が1万円以下ならば免税となります。

例:16,666円 X 60% = 9,999.6円

  となり1万円以下となります。

*厳密にいえば送料や保険代等も加算したものが課税対象となりますが、おすすめサイトでは全て全国送料無料ですのでご安心下さい。

また、購入できる容量制限は1ヵ月分となっています。

関税をかけないと日本の産業に影響

海外にはジェネリック薬品のように品質が高いが安価な商品がたくさんあります。
もし、そのような商品が無条件で日本に流れてきますと国産品が売れなくなってしまいます。
このように日本の産業保護のために制限が設けられているのです。

海外医薬品も近年は品質が飛躍的に上がったため、日本の医療業界には脅威となっています。

そのため、海外ジェネリック薬品へ「偽物」「詐欺」などの悪い印象操作が一部の広告メディアで発信されております。

海外メーカーもいつでも「安かろう悪かろう」ではありません。
特にインドはジェネリック産業は、 世界から信頼され成長しております。

薬の通販オンラインでは、信頼された厳選したメーカ製のみの取り扱いをしております

どのように海外通販と付き合うか?

重要な点としては信用のおけるサイト選びが必要となってくるのでしょう。
どんなに調べても広告ばかりで似たような情報ではないでしょうか。

一番確実なのは、
一度、少ない数量、金額から始めてみませんか?!

お薬の通販オンラインでは少量からでも調達が可能です。

以下のような金額ならば一度試してみる価値があると思いませんか?
・「ED治療薬-カマグラ」        ⇒   88円/錠~
・「薄毛治療薬-フィンカ―」     ⇒   24円/錠~
・「美白、ニキビ治療薬-ユークロマ」 ⇒   675円/本₍20g₎~
・「花粉症治療等- Winolap」     ⇒   276円/錠~

バリエーション豊富な医薬品

ジェネリック薬品を選ぶ安全な基準

ジェネリック王国として知らているインド医薬品企業が取得しているFDAとは何でしょうか?
日本の厚生省のようなアメリカの機関です。
きちんと製品管理がされているなければ輸出が出来ません。

海外の医薬品を購入するにあたって、どのような基準で選択したら良いかの手助けになるかと思います。

信頼がある個人輸入代行を選ぶのも大切ですが、扱っている商品が安いだけで信用のおけない医薬製造メーカー製品だったりしないでしょうか?

「薬の通販オンライン」では FDA機関のお墨付きがあるメーカ製

FDAとは米国で人や動物に対する食品添加物や医薬品などに関する取り締まりを行っている組織となります。
つまり、米国で国民の健康に関わる医薬品ビジネスをするには厳しい基準を持つFDA(Food and Drug Administration:米国食品医薬品局)への申請、登録及び許可が必要になります。
日本でも医薬ビジネスをするためには手続きをするためには、厚生労働省等へ所定の手続きで許可を得る必要があるように、米国でも同様な厳しい基準を設けています。

国民の健康を守るための組織が各国にあり拘束力がある法律(ルール)に則って運営されていますね。

・米国ではFDA(米国食品医薬品局)
・日本では厚生労働省

ですね。

ですので、FDAを守らずに(FDAの許可を得ていない商品(医薬品)を米国へ輸出しようとすると米国税関で通関を拒否されたりします。

FDAの公式サイトによると、「FDAの責務は、医薬品、動物医薬品、生物学的製剤、医療機器、食品、化粧品、電磁波を発する製品の安全性と有効性を保証し、アメリカ国民の健康を守ることである」となっている。

このようなFDAのような機関は世界各国にあり国内外の口に入るモノや身体に使用するものなどで国民が被害を受けないようにしています。
つまり「安全性、有効性を保証」を担保するために事前に手続きが必要になります。
直接、FDAによる工場の立ち入り検査や、厳しい基準をクリアしている品質保証の一つの証明になるのではないでしょうか。
医薬品を選ぶ一つの選択の基準になりますのでジェネリック薬品を選ぶときも値段だけでなく製造元メーカーにも配慮すると良いでしょう。

「FDA」は、 見知らぬ医薬品メーカ製を選ぶ基準としての重要なキーワードになりそうですね。

日本企業でも米国向け商品においてFDAから警告を受ける事が多々あります。
もちろん、インド医薬品企業も輸出や外国で製造販売する場合は同様の扱いを受けているので、
FDAから警告を受けたりする事もありますが日々、改善しながら安全性、品質を高めながら成長しています。

インドのジェネリック製造企業を紹介しています。

個人レベルでもFAD対応が必要

日本国内にも米国に向けてのAmazonやeBayを利用して個人輸出ビジネスする方もいらっしゃいます。
このような個人レベルでも人や動物が口にする商品を扱う場合は、いかに品質の高い日本製品を輸出する場合でも同様にFDAのルールを守る必要があります。

ですが、多くの方はFDAルールを守らず(知らずに)に個人輸出入ビジネスを行っているようです。FDAルールを守らず輸出が出来たとしても一旦、取引相手やビジネス競合者からのクレームがあればFDAへ知られてしまい警告、罰則を受ける危険性があります。

Amazonなどを利用してる場合はアカウント停止なども考えられますので、マーケットプレイスの出品規約などの確認も十分にして下さい。また、場合によってはFDAの認証がない化粧品を使って肌荒れなどのトラブルが発生した場合は、とんでもない賠償請求裁判に発生する可能性もあります。
特に米国は訴訟社会ですからお気をつけてください。


もし、個人レベルのちょっとした輸出ビジネスを進めたいのでしたら、こちらを参考にして下さい。

https://www.jetro.go.jp/ext_images/world/n_america/us/foods/fsma/20170321_3.pdf

個人レベルで米国への輸出ビジネスされている方は米国(FDA)への輸出許可はそんなに難しくないと感じられるかもしれません。
ですので、FDAのお墨付きがあったからと言ってインドのジェネリック薬品が信用できるものではないと感じるもいるかもしれません。

ですが、医薬品を継続的に米国へ輸出商売とする場合とは手続きが全く異なります。
もっと複雑で厳しい許認可が必要になりますので、ご安心ください。

海外で日本製の化粧品などが人気あったりすので、個人でl輸出ビジネスしている人も各国のルールには注意が必要ですね。

FDA対応の信頼のある医薬品企業のジェネリック薬品をご希望でしたら、こちらから。

三越屋│先端医薬品の通販・個人輸入代行
お求めの医薬品が手に入らずお困りではないでしょうか?各種ジェネリック・ED治療薬・ダイエット薬・避妊ピル・AGA薬などコスト管理を徹底しているため、お求めやすい料金で個人輸入代行をいたします。また、三越屋は厳しい判定基準を通過した海外メーカー・サプライヤーと取引をしています。処方箋不要・100%正規品保証・送料無料

TOPに戻る

医薬品の正しい飲み方

海外医薬品も日本の医薬品と同じで正しい飲み方で適切な効果を得ましょう。
お薬は水かぬるま湯で飲むのが安全です。

お水かぬるま湯で服用する理由

水なしでお薬の服用が出来る方もいますが注意が必要です。
飲み込めれば良いのではなく、正しい箇所にお薬が届けられる必要があります。

お薬はコップ一杯(水、ぬるま湯)約200mlの用量で飲むように考えられております。
十分な薬の効果を得るためには正しい飲み方を守る必要があります。

お薬を服用時の水量が不十分ですと食道の途中にお薬が引っ掛かり、十分な効果を得られない場合があります。

また、お薬が食道で張り付き、その場所で溶けてしまうと食道潰瘍を引き起こす場合もあります。また、温度も重要で、熱湯での服用は、薬効成分が温度で分解され、十分な薬効を発揮しない場合も考えられますので注意が必要です。

 担当者
担当者

特にゼラチン製のカプセルなどは唾液などだけでは粘着性を発揮して喉や食堂にはりついてしまいますね。
ですので、十分な量のお水でお薬を流し込んでください。

水以外の飲み物での服用

多くの飲料がお薬に何らかの影響を与える可能性があります。

いろいろな飲料

牛乳

毎日、牛乳やお茶を飲む習慣があると、つい、お薬と一緒に飲んでしまうことは無いでしょうか。
例えば、牛乳は腸に薄い膜(まく)を作り、また、カルシウムが薬成分と結びつき十分な薬効を発揮しない場合があります。
特に牛乳は併用でなくとも飲んだ後は2時間程度の時間をずらしてから薬を服用するようにしてください。


お茶

これは鉄欠乏性貧血などの治療薬の場合は「鉄剤」がタンニンと結合するため必要な成分が吸収されなくなると言われています。

 担当者
担当者

しかしながら、実は殆ど影響がないと言われていますが、やはり水やぬるま湯での服用が一番安全かと思います。

カフェイン

コーヒーなどに含まれるカフェインには胃酸の分泌を促すので、胃腸の状態が正常な状態ではなくなります。
また、カフェインが薬の成分と結びついて副作用が強く出る場合もありますし、精神安定剤や眠剤などでは、カフェインの興奮作用により効果が得られない事もありますので注意が必要です。

炭酸飲料

制酸剤を含む胃薬では、炭酸と反応してしまうため効果が激減する事もあります。

 担当者
担当者

健康のために炭酸水をお水代わりに飲んでいる方も多いので注意が必要ですね。

柑橘系ジュースでの服用

グレープフルーツなのどの柑橘系には薬と併用すると薬の効果や副作用が強く出たりする場合があります。
薬を代謝には酵素(チトクロームP450 (CYPs))の働きが必要ですが、柑橘類にはこの働きを阻害します。

酵素(チトクロームP450 (CYPs))の働き

色々、好ましくない飲料がありますが、基本は水かぬるま湯での薬の服用をお勧め致します。

アルコール

言うまでもありませんが、アルコールは効果や副作用を強めますので厳禁です。

噛んでの服用は利点はありません

効果が高そうだからといって噛んだり、砕いたりして薬は服用しないでください。
噛んでの服用は苦かったりしますので、通常はそのような方はいないとは思いますが、

☑薬の効果が高そう
☑薬の効きが早そう

等と思い込んでいる方がいるかしれません。
ですが、噛んだり、砕いたりするのは良くありません。もちろん、カプセルを分解しての服用も良くはありません。

 担当者
担当者

お年寄りの方は喉が細いために錠剤が飲みにくい等の理由で、このようにしている方もいるようです。
お薬の種類によっては期待した効果が出ない場合もありますので、お薬は錠剤のままでのむようにして下さい。

例えば、錠剤の薬ですが、1つの錠剤の作りは幾つもの層にコーティングされています。
この錠剤構成によって、適切な場所で適切な効果が現れるような設計がされています。
ですので、砕いたり、潰したりして服用すると期待した効果が発揮されません。

錠剤断面図

お薬服用の3つのタイミング

指定されたタイミングで服用をしなければ最適な効果が発揮されません。

お薬服用の3つのタイミング

食前
食事の前の服用がより良い効果を発揮します。食事の前の30~60分前の服用が必要。

食後
恐らく一番間違えが多いのが、このタイミングかと思います。
これは食後30分以内に服用する意味になります。
お薬の成分が強いため服用で胃が荒れやすくなるお薬の服用タイミングは、胃の中に食べ物が残っている状態で服用します。

食間
食事をしている最中の服用では。食事から2時間後の空腹時に服用します。

 担当者
担当者

説明をよく確認して飲むタイミングも注意をして下さい。

TOPに戻る

タイトルとURLをコピーしました